ニュース » 記事詳細

南房総市は、市内で新築住宅を建設、購入した子育て世帯や若年者に対して奨励金を交付する「住宅取得奨励金交付制度」を、今年も実施する。最大で200万円が交付される。

定住促進や地域経済の活性化を図ろうと、平成21年度から開始した制度。令和元年度は37件の申請があったという。今年度は4000万円の予算を組んだ。

対象は、▽多子世帯(満15歳以下の子どもを3人以上持つ世帯)▽子育て世帯(同を1〜2人持つ世帯)▽若年者(満39歳以下)▽市の耐震診断費補助制度を使って住宅を建て替える人(世帯構成・年齢不問)▽子育て世帯、多子世帯、若年者で転入者(転入前の3年間、安房郡市内の住民基本台帳に記録されたことのない人)――。それぞれ30〜200万円を交付する。

申請用紙は、市のホームページからダウンロードすることができる。

対象の要件や申請方法などの詳しい問い合わせは、南房総市建設課(0470―33―1101)へ。

3月31日20時00分 797

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved