ニュース » 記事詳細
大黒天祈祷殿前のソメイヨシノ=真野寺で

樹齢140年のソメイヨシノ満開

南房総市久保にある真言宗智山派の真野寺で、「桜まつり」が開かれている。夜間は色とりどりの光でライトアップが行われる他、限定の御朱印も頒布される。8日まで。

同寺院には、境内や周囲の山を含めて約200本のサクラが植えられており、ソメイヨシノやヤマザクラ、陽光(ヨウコウ)など種類も豊富。特に「大黒天祈祷殿」前のソメイヨシノは、樹齢140年で幹回りが2・3bと大型で、見事な花を咲かせている。

期間中は、午後6時から8時まで、赤や緑、黄など徐々にグラデーションで色が変化するライトアップが行われており、1日10枚で桜まつり限定の絵付き御朱印が頒布される。

受け付けは午前9時から午後4時までで、ライトアップの時間帯も呼び鈴で受け付ける。問い合わせは、真野寺(0470―46―2590)へ。

【写真説明】大黒天祈祷殿前のソメイヨシノ=真野寺で

3月31日20時00分 931

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved