ニュース » 記事詳細
空車が目立つ渚の駅たてやま=館山(4日午前10時ごろ)

外出自粛要請最初の週末

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、県知事による外出自粛要請が出された初の週末となる4日、晴天で過ごしやすい一日となったにもかかわらず、観光施設の各所で大幅に客足が減り、閑散とした駐車場が目立った。施設管理者は、平日よりも観光客が減った影響力に驚いている。

館山市の渚の駅たてやまは、渚の駅博物館や商業施設棟、展望デッキ、生き物が観察できる海辺の広場など、人が集まる人気の施設。新型コロナウイルスの感染が国内で始まってからも、個人客で駐車場は埋まっていたが、この日は空車が多くなった。

佐倉市から夫婦でバイクで訪れた40代女性は、「海が見たいと思って来ましたが、これほど人が少ないとは驚きました。少しゆっくり癒やされたら帰ろうと思います」と館山湾を眺めた。

例年多くの人でにぎわうサクラが見ごろの館山城山公園でも、臨時駐車場の設置や交通整理員の配置もむなしく空車が目立った。

同公園を指定管理する塚原緑地研究所の職員によると、「そもそも自粛で例年より入り込みが少なかったですが、昨日の安房地域内の感染者の発表で、きょうは地元住民もあまり見られず、平日よりも少ない状況です」。駐車場の使用率は例年の3分の1にとどまっているという。

【写真説明】空車が目立つ渚の駅たてやま=館山(4日午前10時ごろ)

4月4日20時00分 1,157

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved