ニュース » 記事詳細
パソコン上で振込処理する職員=鴨川

鴨川市は19日、新型コロナウイルス感染症対策の一環として国が1人10万円を給付する特別定額給付金で、オンライン申請の第一弾となる78世帯186人分の振込手続きを完了した。25日に給付金が各世帯主の口座に入金される。同市では「引き続き迅速な受け付け、振込手続きに努める」としている。

同市では、本庁舎6階に特別定額給付金の受付窓口を設置し、システムの整備などの体制を整えて15日からオンライン申請の受け付けを開始した。

オンライン申請について、書類の不備や手違いで申請を受け付けられないケースがあることから「必ず世帯主本人のマイナンバーカードで申請する」「世帯主の通帳またはキャッシュカードの写しを添付する」「4月27日現在の世帯員を登録すること」を呼び掛けている。

郵送による申請受け付けは28日から予定されており。同市では「オンラインと郵送により、全ての市民にできるだけ早く給付金を届けたい」と話している。

【写真説明】パソコン上で振込処理する職員=鴨川

5月20日20時00分 927

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved