ニュース » 記事詳細

すでに138件に

新型コロナウイルスの影響で売り上げが減少した館山市内の中小企業者を支援する、同市の制度融資の申し込みが相次いでいる。7日に開始し、25日時点ですでに138件にもぼっている。利子、保証料が全額補給され、返済元金も1割助成される市独自の支援策で、市では「資金繰りに困っている事業者はぜひ活用を」と話している。

新型コロナ対策の独自の制度融資で、最近1か月の売り上げが前年同月と比較して5%以上減少している中小企業者に対し、融資後3年間は市が利子、保証料を全額補給し、返済元金の10%を助成する内容(4年目以降は通常の制度融資金利となる)。

使途は運転資金(貸付限度額500万円)と設備資金(同2000万円)があり、7日から市内各取扱金融機関で申し込み受け付けが始まった。

市のまとめによると、業種別の申込件数の内訳は宿泊・飲食業が31・2%、卸売・小売業が21%、製造業が9・4%、その他サービス業が12・3%という状況。

融資の申込額は総額6億8990万円で、運転資金で貸付限度額の500万円の融資申し込みが最も多いという。

市の担当者は「多くの申請があり、宿泊・飲食業を中心に幅広い業種で新型コロナによって大きな影響を受けているとあらためて感じた。制度融資が中小企業支援につながれば。活用を検討している事業者はまずは取扱金融機関に相談を」と呼び掛けている。申請期間は来年3月末まで。

取扱金融機関は次のとおり。

千葉銀行館山支店(0470―22―4111)千葉興業銀行館山支店(0470―22―4164)京葉銀行館山支店(0470―22―7611)館山信用金庫本店(0470―22―8111)同金庫南支店(0470―23―4611)同金庫那古船形支店(0470―27―2311)君津信用組合館山支店(0470―22―0708)

5月28日20時00分 639

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved