ニュース » 記事詳細

6月1日から受け付け

南房総市は、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、売り上げが減少した中小企業者や農漁業者の事業継続を支援するため、独自の「持続化給付金」事業を行う。中小企業者には最大100万円、農漁業者には最大80万円を支給する。6月1日から申し込みを開始する。

きめの細かい、速やかな支援を行うことで、事業の継続と雇用の維持を図ろうと、国や県の支援とは別に実施する。

中小企業者向けは、▽市内に事業所がある事業者(農業、林業、漁業は除く)▽今年3〜5月のいずれかひと月の売り上げと前年同月の比較で売り上げが50%以上減少▽市税等に滞納がない▽現在も事業を行い、今後も継続する意思がある――ことが対象の要件。

交付額は、@売り上げの減少額に応じて最大50万円(基本額)A従業員数に応じて最大30万円(加算額)B事業所の賃料負担額に応じて最大20万円(加算額)――で、合わせて最大で100万円となる。

申し込みの受付期間は6月1日〜8月31日で、受付窓口は、内房商工会(0470―33―2257)、朝夷商工会(0470―44―1331)となっている。

一方、農漁業者向けは、▽年間の農作物販売金額が50万円以上の農業者、または市内漁協正組合員の漁業者(漁獲共済加入者除く)▽市内に住所のある法人、個人事業主▽今年3〜6月のいずれかひと月の売り上げと前年同月の比較で売り上げが50%以上減少▽市税などに滞納がない▽現在も事業を行い、今後も継続する意思がある――ことが対象要件となっている。

交付する額は、基本額として売り上げの減少額に応じて最大50万円、加算額として従業員数に応じて最大30万円――で、合わせて最大で80万円。

申込期間は6月1日〜9月30日で、同市農林水産課(0470―33―1071)で受け付ける。

なお、どちらも、交付は1事業者につき1回限りで、中小企業者向けと農漁業者向けの併用はできない。

詳しい問い合わせは、商工会や担当課へ。

5月29日20時00分 845

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved