ニュース » 記事詳細
CFのページ

新型コロナウイルスの影響で苦境の館山市内の宿泊、観光施設を支援するプロジェクトのクラウドファンディング(CF)が、29日から始まった。各施設で8月20日から使えるチケットの購入や参加全店に向けた支援金を受け付けている。チケットは1割のプレミアム付き。53施設が参加しており、支援を呼び掛けている。

プロジェクト名は「みら・たび・たてやま〜みらいの『たてやまたび』予約します〜」。観光産業経営者などの有志で実行委員会を立ち上げ、「新型コロナウイルスに負けない! 旅したつもりで、館山の宿泊・体験・観光施設を応援しよう!」をテーマに支援を募っている。

CFサービスの「キャンプファイヤー」のサイト内から、各宿泊、体験、観光施設を選んでチケットを購入してもらうか、参加全店舗に向けた支援金で応援してもらう仕組み。募集期間は今月28日まで。

チケットは、3000円の支援金に対して3300円分といったように、1割のプレミアムが付く。新型コロナ収束後の利用につなげようと有効期限は8月20日から来年8月末までとなっている。参加全施設に向けた支援金は、参加施設に分配される。

同実行委会長で夕日海岸昇鶴の社長、酒井伸一さんは「昨年の相次ぐ台風被害に続き、今度は新型コロナの影響で、いま館山の観光産業は存続の危機に立たされている。館山の観光を守るため、みんなで頑張りたいとプロジェクトを立ち上げた。多くの方に支援してもらいたい」と呼び掛けている。

CFのページのアドレスはhttps://camp-fire.jp/projects/view/283387

【写真説明】CFのページ

6月1日20時00分 734

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved