ニュース » 記事詳細
市役所4号館に設置された実施本部=館山

10月1日現在で全国一斉に行われる国勢調査に向けて館山市は1日、鈴木雄二副市長を本部長とする実施本部を、市役所4号館内にに設置した。

国勢調査は、日本に住む全ての人、世帯を対象に5年ごとに実施されている行われる、国の最も重要な統計調査。今回は実施100周年の節目だという。

実施本部では、円滑な調査実施のための庁内の協力体制確立や広報活動などを進めていく。県が近く示す予定の新型コロナウイルスに対応した調査方法を受けて本格的に動き出す。

調査はネットでのオンライン回答と紙の調査票への回答があるが、市民にとっても記入が簡単で、利便性の高いオンライン回答の促進を図るという。

同市では、調査実施のため調査員258人を募集しているが、新型コロナの影響で応募が少なく、厳しい状況にあるという。調査員と世帯が直接接触しない非接触調査方法を基本とし、調査員の健康管理の対応などについても検討していることから応募を呼び掛けている。期間は8月下旬から10月下旬ごろまで。報酬は1調査区平均3万8290円。応募は7月10日まで。

応募など詳しい問い合わせは、国勢調査館山市実施本部(070―3973―0265)へ。

【写真説明】市役所4号館に設置された実施本部=館山

6月3日20時00分 632

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved