ニュース » 記事詳細

ステップ0〜3を設定

南房総市は、現在中止されている市内の社会体育施設や学校体育施設の一般開放に向けたロードマップを作成した。ステップ0〜3が設定され、今後、市内で感染がない状態が続けば、19日から1週間ごとに開放施設を増やしていく。

石井裕市長を本部長に、部長級らが出席し、8日に開かれた健康危機管理対策本部会議で決定した。

ステップ0〜3の4段階で、一般開放を中止している現在を「ステップ0」に設定。今後、市内で感染がない状態が続けば、19日を「ステップ1」として、屋外の社会体育施設である野球場、多目的運動広場、テニスコートなどを開放する。

その後、26日が「ステップ2」で、社会体育施設の体育館など屋内施設を追加で開放。7月1日が「ステップ3」で、社会体育施設に加えて学校体育施設を開放する。

感染者が発生した場合は、見直しを含めて検討するという。

利用対象者は当面の間、市内の個人・団体、市内宿泊の団体で、利用に当たっては市教育委員会が注意事項などを定めた「市社会体育施設および学校体育施設の再開に向けた感染拡大予防ガイドライン」を順守する。

施設利用の問い合わせは、南房総市生涯学習課(0470―46―2963)へ。

6月11日20時00分 682

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved