ニュース » 記事詳細
賞状を受け取る川上さん=鴨川

長年にわたって少年の非行防止や健全育成に尽力したとして、鴨川市の川上暁さん(72)が少年補導栄誉銀章を受けた。

表彰は警察庁長官と公益社団法人全国少年警察ボランティア協会会長の連名表彰。

今年は新型コロナウイルスの感染防止のため、県警本部での表彰伝達式は中止に。26日、川上さん宅であった伝達式で、県警本部生活安全部少年課の長谷川進課長から表彰状を受け取った。

川上さんは「今後も引き続き、鴨川市の少年非行防止や防犯活動を積極的に推進していきたい」と受賞を喜んだ。

川上さんは、初委嘱の昭和55年1月から、長期にわたり少年の非行防止と健全育成に深い理解と旺盛な情熱を注ぎながら、熱意を持ってボランティア活動に当たっている。

平成23年からは現在に至るまで、少年警察ボランティア連絡会会長を5期務めている。登下校時間帯の見守り活動の他、学校の長期休暇前後や市内行事にあわせた合同防犯パトロール、年金支給日の電話de詐欺被害防止キャンペーンへの積極的な参加。少年の非行防止活動のみならず広く防犯活動を推進して地域に根差した活動に大きく貢献している。

【写真説明】賞状を受け取る川上さん=鴨川

7月2日20時00分 569

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved