ニュース » 記事詳細

県は1日から31日までの期間で、「愛の血液助け合い運動」を展開している。今年の標語は、「行ってみよう 少しの勇気で 救える命」で、献血への協力を呼び掛けている。

血液事業を安定的、継続的に維持し、血液製剤の国内自給を確保するため、献血運動の一層の推進を図ることを目的に毎年7月に実施している。

日本赤十字社千葉県支部によると、「新型コロナウイルスの影響で学校におけるオンライン授業や企業、団体におけるリモートワークなどにより、安定的な献血は今後も予断を許さない状況」という。

緊急事態宣言や県境をまたぐ移動の解除で、7月は献血会場が通常に戻ったが、安房健康福祉センターによると、必要量に足りていない日は続いており、「夏季は例年、献血量が減るシーズンでもあり、協力をお願いします」と、献血を呼び掛けている。

今後の献血日程は次のとおり。

▽6日=南房総市白浜コミュニティセンター(午前10時〜11時半)、千倉保健センター(午後1時半〜3時半)▽12日=イオンタウン館山(午前10時〜11時45分、午後1時〜4時)▽14日=館山市役所(午前10時〜11時45分、午後1時〜3時半)▽26日=イオンタウン館山(午前10時〜11時45分、午後1時〜4時)▽29日=南房総市役所別館(午前10時〜11時45分、午後1時〜3時半)

7月4日20時00分 576

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved