ニュース » 記事詳細
パソコンで予約・申し込みする画面

キャッシュレス決済とひも付け

マイナンバーカードを取得すると、キャッシュレス決済で最大5000円分のポイントが付与される「マイナポイント」の申し込みが1日から始まった。安房4市町での取得率は現在約20%で、ポイント期間中の取得を呼び掛けている。

マイナポイントは、消費の活性化やマイナンバーカードの普及、官民キャッシュレス決済基盤の構築を目的とした総務省の事業。これまで予約を受け付けてきたが、1日から申し込みが可能となり、付与されたポイントは9月〜来年3月末の期間で買い物に使える。

マイナンバーカードの申請は、▽スマートフォン▽パソコン▽証明用写真機▽郵便――の4つの手段があり、郵送で届いた交付申請書を基に写真を付けて各市町の窓口で申請する。紛失した場合は、新しく交付を受けるか、手書き申請書で申請する。

申請から約1か月後に市町から「交付通知書」が届き、必要書類を持参して市町の窓口でカードを受け取ることができる。

交付後に、マイナポイントの予約・申し込みが可能で、オンラインで24時間受け付けている。スマートフォンの場合、カードを読み取るだけで予約できるが、パソコンの場合、専用のカードリーダーが必要となる。

独自に予約・申し込みのサポートを行っている館山市情報課職員によると、「1日前後から問い合わせや来訪は少しずつ増えている。たくさんのキャッシュレスサービスやカード会社があるので、申し込みは9月までに考えるとして、まずは予約を完了させておくべきだと思います」という。

マイナポイントの予約・申し込みは、各市町だけでなく、「マイナポイント手続きスポット」でも検索可能で、コンビニやショッピングセンター、携帯会社などでも端末を設置して受け付けている。

6月28日現在のマイナンバーカード交付数は次のとおり。カッコ内は平成31年1月1日の人口を基準とした割合。

▽館山市=9087人(19・4%)▽南房総市=7345人(19・1%)▽鴨川市=5633人(17%)▽鋸南町=1434人(18・2%)

【写真説明】パソコンで予約・申し込みする画面

7月7日20時00分 653

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved