ニュース » 記事詳細
江見駅郵便局外観の最新のイメージ図=JR東日本提供

8月31日に開始へ

日本郵便とJR東日本は、無人駅となっている鴨川市の内房線江見駅で、駅業務と郵便局業務の一体的な運営を8月31日から開始する。鉄道事業者が駅業務を日本郵便に委託するのは初めて。

両社が2018年6月に締結した「日本郵便とJR東日本の地域・社会の活性化に関する協定」に基づく「郵便局と駅の機能連携」としての取り組みの一環。

江見郵便局を江見駅敷地内に新築された駅舎兼郵便局舎に移転。移転に伴い局名を「江見駅郵便局」に改称し、郵便局業務と駅業務の一体的な運営をする。

局員は通常の郵便局業務の他に、普通乗車券や定期券、無記名式の交通系ICカード「Suica(スイカ)」の販売、精算、列車の発車時刻の案内など駅業務を担う。営業時間は各業務によって異なる。

江見駅は大正11年に開業。旧国鉄時代の昭和47年に無人駅となり、翌年から鴨川市に運営を委託。しかし、利用者の減少などで、市の委託が解除となり、昨年7月から再び無人駅となっている。

新たな郵便局前には、かつて郵便物を運送していた郵便・荷物電車をイメージしたラッピングポストを設置。

開業を機に、風景入り日付印の押印サービスも開始。また、JR東日本千葉支社のマスコットキャラクターである「駅長犬」と、日本郵便のキャラクターである「ぽすくま」をデザインしたオリジナルの小型記念日付印の押印サービスも実施する。いずれも窓口で希望した場合に対応する。

【写真説明】江見駅郵便局外観の最新のイメージ図=JR東日本提供

7月15日20時00分 800

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved