ニュース » 記事詳細
ロゲハンのチラシ

ウェルスポ鴨川が登録呼び掛け

鴨川を新たなアドベンチャーフィールドに――。鴨川市のスポーツコミッション「ウェルネスポーツ鴨川(ウェルスポ)」は、地域探検ウェブアプリ「ロゲイニングハンター(ロゲハン)」を開発した。地図に設定されたチェックポイントを、いかに多く回れるかを競う鴨川探検ゲームで、「登録して、まだ知らない鴨川を発見してみよう」と、呼び掛けている。

ロゲハンは、誰でも無料で使えるウェブアプリ。スマートフォンの画面に表示される地図上に散らばったチェックポイントを回る、オリエンテーリング的なゲームで、ウェルスポでは「楽しく体を動かしながら、景勝地や文化施設など、鴨川のさまざまな場所を知ってもらえたら」という思いで開発したという。

GPS機能の付いたスマホで、「ロゲハン」アプリのページにアクセスして、登録すれば参加できる手軽さで、ウェル散歩「初夏編」や「夏里山編」など季節に合わせた地図の他、食べ歩きなど、定期的に新しい地図が加わってくるという。

スマホに表示される地図

「普段は意識することのない避難場所を、遊びで何げなく知っておくことで、いざというときに思い出してもらえれば」という意図で、台風シーズンに役立つ風水害指定緊急避難所、津波一時避難所なども地図設定されている。

回る順番などは自由。地図のチェックポイントを訪れ「チェックイン」をタップしてスタンプを獲得。各チェックポイントには、得点(ポイント)が設定されており、行きにくい場所ほど高得点で、加算されていく。オンラインで他の参加者と得点を競い合えるようになっており、ランキング上位を目指して楽しむこともできる。

ウェルスポでは「新型コロナウイルス感染症で、遠出するのを控えている人も多いはず。ウオーキングやランニング、サイクリングなどの移動方法で、楽しんでほしい」と話している。

ウェルネスポーツ鴨川は、平成31年に設立された安房地域では唯一の地域スポーツコミッション。鴨川市や地域の団体、大学などと連携して、地域資源を活用したスポーツによる地域活性化に取り組む。活動のコンセプトとして「ウェルネス」を掲げ、団体名をウェルネスとスポーツを掛け合わせた造語を冠にしたウェルネスポーツ鴨川としている。これまでに「鴨川サイクルまつり」やパラスポーツ体験イベント「ウェルKAMO XMAS GAMES2019」などを主催している。

【写真説明】ロゲハンのチラシ

【写真説明】スマホに表示される地図

8月27日20時00分 743

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved