ニュース » 記事詳細
紺綬褒章を伝達された前澤氏(左)=東京で紺綬褒章を伝達された前澤氏(左)=東京で

台風復興で1000万円寄付

昨年の房総半島台風で甚大な被害を受けた南房総市の復興支援のため、1000万円を同市に寄付した、株式会社ZOZOの前代表取締役で、株式会社スタートトゥデイ代表取締役の前澤友作氏(44)に、紺綬褒章が授与された。8日に同市の石井裕市長が東京都港区の同社を訪問し、前澤氏に褒章と章記を伝達した。

紺綬褒章は、公益のために国や地方公共団体、認定公益団体に多額の私財を寄付した個人や団体に、天皇陛下から授与されるもの。

昨年9月30日に、前澤氏から災害義援金として寄付を受けた同市では、今年3月に千葉県を通じて国に褒章授与の内申を実施。このほど、褒章と章記が同市に届いたため、伝達した。

前澤氏は、長年住んでいる千葉県に愛着があり、昨年の台風被災直後から何度も同市役所を激励のために訪れ、ボランティア活動も行うなど、物心両面から同市を支援してきた。

石井裕市長は「昨年は寄付などありがとうございました。台風から1年、復興はまだ道半ばですが、機会があればまた、南房総市を訪れてください」と、復興状況の報告やお礼とともに、褒章を手渡した。

受け取った前澤氏は「このような栄誉ある褒章を頂いて光栄です。今後も地域のためにできることがあれば、協力していきたいと考えています」と語った。

【写真説明】紺綬褒章を伝達された前澤氏(左)=東京で紺綬褒章を伝達された前澤氏(左)=東京で

田中

9月11日20時00分 729

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved