ニュース » 記事詳細
ケースを補充するスタッフ=館山

量販店で駆け込み需要

酒税法の改正で、10月1日からビールなどに課される「酒税」の税率が変更される。ビールは減税になるが、新ジャンル(第3のビール)やワインが増税となるため、安房のスーパーマーケットなどで駆け込み需要が増えている。

類似する酒類の税率格差が商品開発や販売量に影響を与えていることから、税負担の公平性を勘案した平成29年度の改正。令和2年10月1日の改正から3年ごとに税率が変わり、令和5年10月に醸造酒類の「日本酒」「ワイン」、令和8年10月1日にビール系飲料の「ビール」「発泡酒」「新ジャンル」の酒税が一本化となる。

今回の改正は、ビール系飲料では発泡酒の税率が据え置き。ビールが7円(350_g当たり)下がるが、新ジャンルは9・8円(同)上がる。また、日本酒は3・5円(同)下がるが、ワインは3・5円(同)値上げとなる。

南房総地域で食料品などを販売するスーパー「おどや」各店でも、今月10日ごろに新ジャンルのビール系飲料やワインなどの値上げに対し、全店舗でのぼり旗を掲示。

館山市北条の「おどやスーパーセンター館山店」店長によると、「新ジャンルのビール系飲料については、(台風被害で昨年は比較が難しいものの)、一昨年と比べて9月全体で2割増しほど購入が増えている」という。特に27日の日曜日は、同月中旬と比べて4割増しとなった。一方で、ビールは減税対象のため1割ほどの買い控えとなった。

「新ジャンルでは、1ケース(24缶入り)に付き2缶分ほど上がり、ビールは1缶おまけが付くような税率の変化ですので、直前30日までは(新ジャンルの)駆け込み需要は続くのではないか」と話していた。

【写真説明】ケースを補充するスタッフ=館山

9月28日20時00分 640

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved