ニュース » 記事詳細

館山市、鴨川市、南房総市、鋸南町の安房3市1町は、65歳以上の高齢者らを対象にしたインフルエンザ予防接種の定期接種の費用を助成する。きょう10月1日から12月31日までに各委託医療機関で接種すると、2500円助成される。

新型コロナウイルス感染症と季節性インフルエンザの臨床的な鑑別が難しいといわれている中、これから秋冬のインフルエンザ流行期を迎えるため、予防接種を受けることで、流行や発熱患者を抑制し、検査機関の負担軽減を図ろうという。

高齢者らへのインフルエンザ予防の定期接種の助成は、毎年行われているが、今年はより多くの人に接種してもらおうと、例年の1500円に1000円を上乗せし、2500円を助成する。

対象は、65歳以上の高齢者と、60歳以上65歳未満で心臓、腎臓もしくは呼吸器機能やヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能に障害があり、身体障害者手帳1級を持っている人。

接種方法は、65歳以上の人は安房郡市内の委託医療機関窓口に各市町の予診票が設置してあるため、各医療機関に予約して接種する。

また、60歳以上65歳未満の人や、安房郡市以外の医療機関での接種を希望する人は、各市町の担当課への問い合わせを呼び掛けている。

詳しい問い合わせ先は、次のとおり。

▽館山市健康課(0470―23―3113)▽鴨川市健康推進課(04―7093―7111)▽南房総市健康支援課(0470―36―1152)▽鋸南町保健福祉課(0470―50―1172)

9月30日20時00分 807

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved