ニュース » 記事詳細
コロナ関連情報をまとめた広報の号外

最新の支援情報を紹介

鴨川市は、新型コロナウイルス感染症に関わる各種助成金や給付金などをまとめた広報かもがわの号外を、1日付で発行した。コロナ関係の号外は4月15日号、5月15日号に続いて3回目。

9月定例議会の補正予算で可決された国の新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の活用事業で、同市独自に妊産婦に3万円を給付する「妊産婦支援給付金」、子ども1人に1万円を給付する「子ども未来応援給付金」の他、国や県などが実施している感染症に関する各種支援窓口を一覧表にしている。

A4サイズ、4ページで、1万250部を作成。新聞折り込みの他、同市内の公共施設、同市内コンビニエンスストア(ローソン広場店を除く)で配架。同市のホームページ、アプリでも閲覧可能。

担当の同市経営企画課秘書広報係では「通常発行の10月1日号の発行に間に合わないことから、号外として発行した。新型コロナウイルス感染症の収束見込みがいまだ分からない中、分かりやすく支援情報を紹介している。市民に少しでも役立ててもらえれば」と話している。

【写真説明】コロナ関連情報をまとめた広報の号外

10月2日20時00分 702

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved