ニュース » 記事詳細
受講者にオンラインで講話する寺田氏=南房総

創業者の経営や財務、人材育成、販路開拓の知識習得を目的にした、南房総市の「創業支援セミナー」の最終回が、14日に行われた。サービス業をはじめ卸売業、小売業などの創業者・創業希望者ら6人が、「創業資金の調達方法」をテーマに、専門家の講義をオンラインで受講した。

国から認定を受けた「創業支援事業計画」に基づく取り組みのひとつ。創業や起業の手助けをし、地域の活性化や雇用促進にもつなげようというセミナーで、開催は今年で4年目となった。

この日は、全4回の最終回で、日本政策金融公庫南関東創業支援センター所長の寺田博史氏を講師に迎え、「創業資金の調達方法」と題して行われた。

寺田氏は「融資を受けるには創業計画の作成が重要」として、「収支内容や事業内容を詰める前に企業理念を考えておくと、今回の新型コロナのような危機的状況にも対応できる」などとアドバイスしていた。

最終回を終えた受講者たちは「オンラインのセミナーだったことで、子育てにも支障がなく、参加することができて良かった」「知識がない中での受講だったので、大変ためになった。創業に生かしたい」などと話していた。

【写真説明】受講者にオンラインで講話する寺田氏=南房総

10月17日20時00分 421

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved