ニュース » 記事詳細
農商工連携を学んだセミナー=南房総

安房地域の農林水産物生産者らを対象にした「千葉の宝物セミナー」がこのほど、南房総市役所で開かれた。10人が受講し、このうち2人はオンラインで受講。農商工連携の第一人者である羽根拓也氏から、実例を基に農商工連携の在り方や商品開発、販路開拓の仕方についてアドバイスを受けた。

第1〜3次産業従事者がコラボレーションして開発した商品を、にっぽんの宝物≠ニしてPRしようと、羽根氏がプロデュースしている「にっぽんの宝物グランプリ(GP)」に向けたセミナー。

今年度のGPは、県大会は同市と旭市、山武市の事業者が参加し、11月28日に船橋市内で開催の予定。全国大会は来年3月19〜22日に都内、世界大会は6月にシンガポールで開催される予定になっている。

セミナーは全3回で、GPへの出場を希望する事業者をはじめ、市内の農林水産物を使った商品開発や販路開拓に興味のある人、コロナ時代≠ノ求められる技術などを学びたい人を対象に開かれた。

初回となったこの日は、同市役所と旭市をネットでつなぎ、羽根氏がオンラインで「売れる商品をつくる技術〜宝物プロジェクトとは?〜」をテーマに講話。

羽根氏は、「商品が売れるには、他との違いだけでなく、それを相手に理解してもらうことが重要な要素になる」などとアドバイス。無名の高齢女性が米粉を使った商品のPRを変えただけで、GPの世界大会まで出場したエピソードも紹介し、受講者は熱心に聞き、グループ討議などにも取り組んだ。

なお、セミナーは今後、27日に「コラボの技術〜異分野のプロと組む〜」、最終回の11月13日は「伝える技術〜グランプリ準備〜」――をテーマに、それぞれ午後2時から5時まで行われる。

受講者を引き続き募集しており、問い合わせや申し込みは、南房総市農林水産課地域資源再生室(0470―33―1073)へ。

【写真説明】農商工連携を学んだセミナー=南房総

10月22日20時00分 543

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved