ニュース » 記事詳細
市民らでにぎわうイベント会場=鴨川

浜辺に憩いの空間演出

鴨川市がフィッシャリーナ鴨川の後背地で整備を進めている「(仮称)魅力体験広場」で24、25の両日、「かもがわテラス オータムフェスタ2020」と銘打ったイベントが催された。鴨川観光プラットフォーム株式会社が主催。親子連れら市民多数が足を運び、ステージイベントやワークショップ、アート作品展示など、盛りだくさんのプログラムで、憩いのひとときを楽しんだ。

同市では、海辺を拠点とした新たなにぎわいの創出を目指し「前原横渚海岸周辺の魅力づくりに関する計画」に取り組んでいる。同広場は、この中核的な位置付けで、同海岸の南端に整備されている。

イベントは、「同広場を活用し、地域の魅力に光を当て、地域との深いつながりをつくる場の創出と、コロナ禍でも安全・安心に楽しめるイベントを試行的に実施し検証する」という目的で企画された。

2日間にわたり、ヤシ並木と立ち並ぶマンション、ホテルがハワイをほうふつとさせる海岸線を見渡す滑り台などの遊具、ホワイトサンドの砂場を開放。ライブなどのステージイベント、地域の食を楽しむことができるキッチンカー、マーケットなどが行われた。

日中は、砂場や滑り台を駆け回る子どもの歓声が響き、広場は親子らでにぎやかな空間に。日没後は、たき火やライトで一味変わった演出がなされ、終日にわたり足を運ぶ市民らが途絶えることはなかった。

来場者は「子どももすごく楽しそうだし、大人も景色が良くて癒やされます」「新型コロナウイルス感染症の影響で、こういうイベントが久しぶりだったので、来て良かった」「イベントのときだけでなく、遊具や砂場をいつも使えたらと思います」などと話していた。

【写真説明】市民らでにぎわうイベント会場=鴨川

10月27日20時00分 716

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved