ニュース » 記事詳細
名誉賞の糟谷さん(左)と藤平さん(右)=館山

未経産・経産で46頭競う

乳牛の体格などを競う「第19回安房郡市乳牛共進会」が31日、館山市のJA安房本店広場で開催された。未経産の部では、鴨川市横尾の糟谷英文さんが育てた「アクテイブデール ドアマン サンデリア」が、経産の部では、同市天津の藤平友和さんが育てた「アーバンデール スパーク ダンテ」が、名誉賞に輝いた。

乳牛の改良増殖を図り、安定的な酪農経営につなげようと開かれている大会で、安房酪農振興連絡協議会と安房農林業振興協議会が主催。

昨年は台風災害のために中止となり、今年は新型コロナウイルスの影響で同日予定されていた5年に1度の全国大会が中止に。2年連続で学ぶ機会を逸することのないよう、感染症対策を徹底して開催した。なお、県大会も不開催で、上位入賞者の出品はない。

安房地域の4地区から46頭が、未経産の部4部、経産の部4部にそれぞれ参加。全国の共進会で審査歴のある高橋直人氏が日本ホルスタイン登録協会の審査標準を基準に審査し、各賞を決めた。

糟谷さんの牛には、「お産間近の牛としては、的確に健康管理され、乳牛の特質に優れている」点が、藤平さんの牛には、「身体にビシッと付着する乳器が特に優れ、機能性がとても高い」とそれぞれ評価を受けて名誉賞に。2頭は、鴨川地区ホルスタイン共進会での受賞牛で、2人は「ダブル受賞だ」と喜び合っていた。

上位入賞者は次のとおり。 =敬称略

▽第1部=@安田裕章(鴨川市平塚)Aファームイケダ(南房総市和田町下三原)▽第2部=@鈴木修(鋸南町大六)A安房拓心高校(南房総市和田町海発)▽第3部=@和泉澤宏義(館山市船形)A水野圭一(南房総市和田町沼)▽第4部=@糟谷英文(鴨川市横尾)A笹子祐樹(南房総市和田町下三原)▽第5部=@藤平友和(鴨川市天津)A石井智規(南房総市和田町下三原)▽第6部=@安房拓心高校A糟谷英文▽第7部=@藤平友和A田山善男(南房総市石神)▽第8部=@ファームイケダA藤平友和

【写真説明】名誉賞の糟谷さん(左)と藤平さん(右)=館山

11月2日20時00分 709

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved