ニュース » 記事詳細

被害軽減や防止へ

JA安房と南房総農業支援センターは、12月22日にJA安房富山支店と同丸山支店で、「有害鳥獣対策研修会」を開く。各会場とも先着30人で、受講者を募集している。

イノシシなどの有害鳥獣による農作物への被害が拡大している中、防止と軽減対策のひとつとして実施する。

富山支店は午前9時半〜11時半、丸山支店は午後2時〜4時で、どちらも同じ内容。

泉水直嗣さん(JA全農ちば)、浅岡輝喜さん(DMMアグリイノベーション)を講師に、電気柵、ワイヤメッシュ、グレーチングの設置方法など、有害鳥獣被害の対策について講じてもらう。

参加申し込みや詳しい問い合わせは、南房総農業支援センター(0470―28―4595)か、最寄りのJA安房各支店へ。

11月16日20時00分 540

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved