ニュース » 記事詳細
河南部長に要望書を手渡す亀田会長(左から2人目)ら=千葉

亀田市長らが要望活動

主要地方道市原天津小湊線、同千葉鴨川線、同鴨川保田線の各改良期成同盟会と、地域高規格道路「館山・鴨川道路」整備促進期成同盟会(それぞれ会長、亀田郁夫鴨川市長)はこのほど、危険箇所や幅員の狭い交通難所の早期改良などを求める要望活動を県に対して行った。

亀田会長が、県庁を訪問。地元選出の木下敬二副議長、川名康介県議の立ち合いで、県土整備部の河南正幸部長をはじめ、幹部職員に要望書を手渡した。

3路線は、観光や地元の基幹道路として重要な路線で、継続的な整備が行われているが、危険箇所や道幅が狭い場所など交通難所が点在しており、安全性や快適性が十分に確保されておらず、観光バスなど大型車両の通行に支障があると指摘。

また、館山・鴨川道路については、内房と外房を結ぶ国道128号は、太平洋沿岸を通り、並行する代替え道路がないため、巨大地震や津波で生活圏域に分断、孤立を生む恐れがある。災害に強く地域間の連携を支える自動車専用道路の整備が必要としている。

【写真説明】河南部長に要望書を手渡す亀田会長(左から2人目)ら=千葉

11月19日20時00分 623

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved