ニュース » 記事詳細
ドライバーにダイコンを手渡す藤井署長=鴨川

飲酒運転、電話de詐欺の根絶を図ろうと、鴨川署(藤井等署長)は24日、鴨川市横渚交差点で「大根絶キャンペーン」と題した広報啓発活動を実施。道行くドライバーらに市内で採れたダイコンを配り、特殊詐欺や交通事故防止を呼び掛けた。

キャンペーンは、警察官や地域住民ら約10人が参加。参加者らは「飲酒運転をしないように気を付けてください」などとドライバーに声を掛け、大根絶にかけてダイコン50本を手渡した。受け取ったドライバーは「安全運転に気を付けます」などと話し、交通安全への意識を高めていた。

同署の辻淳交通課長は「市内では飲酒運転に関係した事故も発生している。飲酒運転は犯罪、飲んだら運転しないよう年末に向けしっかり呼び掛けていきたい」と話した。

【写真説明】ドライバーにダイコンを手渡す藤井署長=鴨川

11月26日20時00分 696

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved