ニュース » 記事詳細
要救助者を救助する隊員ら=館山

安房消防

安房郡市消防本部(佐久間初日消防長)で25日、放水や救助技術など日ごろの訓練の成果を披露する警防技術訓練が行われた。

放水技術の向上および屋内進入時の安全対策を徹底することで、火災現場における隊員の活動能力を向上させることが目的。同本部では、放水や救助など部門ごとに日ごろから隊員らが訓練に励んでおり、今回はその一連の流れを披露するため行われた。

訓練では、通報を受けてから現場に向かい、放水、障害物の撤去、要救助者の救出までを実施し、時間や正確性、チームの連携を競い合った。

1年目の平柳輝海隊員は「安全、正確性に気を付けながら取り組んだ。まだまだ訓練が必要だが、訓練を積み重ねていき、技術向上に努めたい」と話した。

【写真説明】要救助者を救助する隊員ら=館山

11月28日20時00分 701

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved