ニュース » 記事詳細
感謝状を受けた伊藤会長(右)=南房総

非行防止などに尽力

館山署(高橋信安署長)管内の少年警察ボランティア連絡会(伊藤宏美会長、会員19人)の活動に対し、県警本部から感謝状が贈られた。15日に同署千倉交番で伝達式が行われ、高橋署長から伊藤会長へ賞状が手渡された。

感謝状は、長年にわたり、少年の非行防止や健全育成活動に尽力する団体に贈られている。今年は少年警察ボランティアに携わる3団体が受けた。

例年、千葉市の青葉の森公園で10月に開かれる「地域防犯ボランティア県民大会」で表彰式が開催されるが、今年は新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から中止となり、同所で伝達式が行われた。

同団体は、地域住民で構成。年間を通して祭礼時や花火大会でパトロールを行い、非行少年の発見や青少年に対する有害環境の浄化、各種イベントでの啓発活動などを行っている。

伊藤会長は、「先輩方や会員の皆さんのこれまでの活動が評価されて、大変うれしい。受賞を通じて、こうした活動があることを多くの方に知っていただけたら」と話していた。

【写真説明】感謝状を受けた伊藤会長(右)=南房総

12月22日20時00分 656

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved