ニュース » 記事詳細
オンラインで会議する安西さんとゼミ生

野菜ソムリエ 安西理栄さん

館山市の野菜ソムリエプロ、安西理栄さんが株式会社ベジタスグループを設立し、法政大学キャリアデザイン学部酒井理教授のゼミと産学連携を進めている。館山・南房総の農産物を販売するプロジェクトで、昨年12月に特設ホームページが立ち上がり、SNSなども駆使して戦略的に消費拡大に取り組む。

酒井ゼミは、東京都や広島県など各地で、学生たちのアイデアによる商店街のプロモーションや地域振興企画を実践。おととし、館山市で開かれた南房総の地域活性化や農業、食を主題とした合宿に安西さんが参加した縁で、昨年夏ごろからプロジェクトを協働で進めることになった。

テーマは、安西さんが昨年5月に始動した農産物通信販売サービス「リエビン」。ゼミ生約15人が参加し、新規顧客の獲得やリピーターづくり、販売ホームページの構築など、さまざまなアイデアが生まれた。新型コロナウイルスの感染防止対策から会議は全てオンラインで開かれた。

安西さんは昨年10月、農産物販売や観光事業を行う同社を設立。12月に農産物を販売する特設ホームページが完成し、年始からツイッターアカウント(リエビン公式)を公開。プレゼントキャンペーンで、フォロワーが1000人を超えるなど順調な滑り出しとなった。

今後、ツイッターで販促するSNS班、ホームページで販売するLP班、南房総市の房総の駅とみうらで限定出店販売(2月予定)を企画する現地班に分かれて、それぞれの販売プランに挑戦する。

安西さんは、「プロジェクトは今年度で終了予定だが、今後も定期的に産学連携を図り、南房総地域の振興につなげたい」と話していた。

【写真説明】オンラインで会議する安西さんとゼミ生

1月7日20時00分 488

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved