ニュース » 記事詳細

「逆さ富士」という現象がある。山中湖や河口湖などで、湖面に富士山が上下反転した形で映り込むことだが、館山市北条の写真家、小宮廣宣(ひろのぶ)さん(76)が撮影したアオサギが、この逆さ富士のようだと話題になっている=写真=。

小宮さんが21日午前9時ごろ、同市船形の宇田川で撮影した。ここは野鳥撮影の聖地で、カワセミなどの撮影を狙う人が通う。

小宮さんも足しげくここへ通い、ミラーレスの一眼レフ望遠レンズで野鳥を撮影している。

アオサギは国内最大のサギで、額から目の上部・後頭にかけて、黒い筋模様が入るのが特徴。小宮さんの一枚は、当然ながら上側がアオサギ本体で、鏡のように映った下側が、水面の姿だ。

光線の加減で、微妙に色が異なり、別の鳥のようにも見える。逆さ富士ならぬ、「逆さ青鷺」である。

2月4日20時00分 778

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved