ニュース » 記事詳細
設置された看板=館山

館山商議所

新型コロナウイルス感染症による、差別や偏見をなくそうと、館山商工会議所では正面玄関に、「♯広がれありがとうの輪 STOP!感染拡大」の看板を設置した。感染症予防やコロナ差別の根絶を呼び掛けている。

「♯広がれありがとうの輪」は、新型コロナの感染予防の呼び掛けや、医療従事者をはじめ感染者やその周囲の人に対する差別・偏見をなくすため、SNSを中心にした情報発信を、賛同者とともに進めようと、厚生労働省が行っているプロジェクト。

感染予防の重要性や感謝の思いを、SNSで発信することで、共感の輪を広げ、励まし合うことで、感染症に強い社会の実現を目指そうというもので、多くの個人や企業、団体などが賛同し、取り組みを行っている。

同商工会議所でも趣旨に賛同。より多くの人にプロジェクトを知ってもらおうと「♯広がれありがとうの輪」と「STOP!感染拡大」のメッセージを書いた看板を、玄関前に設置した。

担当者は「コロナが収束した際に差別や偏見があっては、今までのような地域に戻ったとはいえない。趣旨に賛同して感染症に強い地域にしていきましょう」と呼び掛けている。

【写真説明】設置された看板=館山

2月13日20時00分 594

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved