ニュース » 記事詳細
温泉水を容器に入れる鈴木代表取締役=鋸南

コロナ禍も自宅風呂で

気軽に楽しんでほしい

房州では珍しい硫酸塩系の温泉水「房州大福温泉 ちちんぷいぷいの湯」として、源泉を自動販売機方式で販売していた、鋸南町の鮮魚冷凍・水産加工会社「有限会社大福商店」(鈴木仁代表取締役)が、宅配での温泉水販売に乗り出した。おととしの台風で冷凍設備などに大きな被害を受け、水中ポンプなど一式も使えなくなった。全国の善意を受けて復旧したことから、社会への恩返しの気持ちで、まずは関東1都6県向けに格安の温泉水を配り、自宅の風呂で温泉気分を楽しんでもらおうという。

段ボール箱で宅配される温泉水

鈴木代表は父親から大福商店を継ぎ、鮮魚の冷凍や水産加工を手掛ける。

同町下佐久間字堤ヶ谷の自社敷地内に温泉を掘った。専門機関の成分分析試験を受け、ナトリウム・カルシウム・マグネシウム―硫黄塩冷鉱泉(低張性弱アルカリ性冷鉱泉)の泉質だと分かった。2007年のことだ。

鈴木代表は当面の販売として、自動販売機式の温泉スタンドを設置。固定ファンが付き、温泉水も売れた。

経年変化で地下120bの水中ポンプが故障。その後に、おととしの台風被害で、社屋や冷凍設備も大きな被害を受けた。

復旧作業で多くのボランティアの支援を受けたことから、この恩返しをしようと、宅配での温泉販売を計画した。

「本業が水産冷凍業なので、冷やす、凍らせるは得意でも、温めるのはちょっと苦手」(鈴木代表)で、宅配した自宅で風呂に入れて使ってもらえたらと、宅配温泉を企画した。

段ボール箱入り20gで、税込み宅配料込み3000円、同10gで2400円。重たいので、それなりの宅配料金がかかるという。

標準的な家庭用の風呂200gに10gを入れてかくはんし、温度調整すればOK。20gで2回使えるという。

飲用はできず、温泉の成分などで鉄製品などに影響が出る材質部分については、使用後、きれいに水洗いしてほしいという。残り湯は洗濯などで使わず、残らず排水して、浴槽もぬれているうちにきれいに流す。肌に合わない場合は、直ちに使用を中止してと呼び掛けている。

コロナ禍で、気軽に温泉観光地に行けない人、都市部の温泉施設に行くのもちょっと怖いなどという人に、宅配利用を訴えている。

申し込みは、QRコードから。電話での問い合わせもできる。大福商店(0470―55―0551)へ。

【写真説明】温泉水を容器に入れる鈴木代表取締役=鋸南

【写真説明】段ボール箱で宅配される温泉水

2月17日20時00分 656

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved