ニュース » 記事詳細
上空から撮影した道の駅保田小学校周辺=鋸南

先進的な施設整備目指し

鋸南町が、道の駅保田小学校周辺の都市交流施設周辺整備工事の設計業務委託の業者募集をプロポーザル(企画・提案)方式で実施する。業者の募集はすでに始まっており、提案書は3月30日まで受け付ける。

道の駅保田小は平成27年度に供用し、廃校を利用した人気施設に育ったが、駐車場の不足、子育て世代が安心して利用できる環境、地場産業のさらなる発展が求められており、これらの改善が喫緊の課題となっている。

この問題解決を図るため、町では令和2年度に「町都市交流施設周辺整備基本計画」を策定。都市交流施設との連携を図り、町内の回遊性を高めるための拠点となり、何度でも訪れたくなる魅力ある施設となるよう、社会環境の変化に即した先進的な施設整備を目指している。

業者募集では、柔軟で高度な発想力を求めている。契約限度額は5000万円(消費税、地方消費税含む)。

提案書の受け付け締め切り後、第一次審査、プレゼンテーション・ヒアリング審査、第二次審査を経て業者を決める。第二次審査結果の発表は4月13日。

プロポーザル募集要項は、鋸南町ホームページに掲載している。

問い合わせは、鋸南町総務企画課企画財政室(0470―55―4801)へ。

【写真説明】上空から撮影した道の駅保田小学校周辺=鋸南

2月19日20時00分 679

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved