ニュース » 記事詳細

22日から申請受付開始

南房総市は、新型コロナウイルス感染症の拡大による影響で、売り上げが減少した市内中小企業の事業継続を支援するため、独自の「中小企業等緊急支援給付金」事業を行う。昨年12月〜今年2月の売り上げを対象に、最大100万円を支給する。申請期間は22日〜3月31日。

新型コロナの急速な再拡大で緊急事態宣言が再発出される中、厳しい経営状況が続く市内事業者をきめ細かく支援し、地域活性化を図る。

同様の給付事業を昨年6月、9月、今年1月にも実施しており、今回は第4弾≠ニして行うことになった。

給付金は、昨年12月〜今年2月までの3か月間の売上合計が、平成30年12月〜31年2月の期間と比べて30%以上減少していること、または、同期間のうちのひと月の売り上げが、50%以上減少した事業者に、最大で100万円を支給する。

対象となるのは、市内に事業所を持つ(市外に本社・本店などのある事業者は、市内に事業所や市内雇用者を持つ)中小企業者(社会福祉法人、医療法人、NPO法人を含む)。市税に滞納がないこと、現在も事業を営み、今後も継続する意思があることなどが要件となっている。

受付窓口は、富山・富浦・三芳地区の事業者は内房商工会(0470―33―2257)、白浜・千倉・丸山・和田地区の事業者は朝夷商工会(0470―44―1331)となる。

申請方法などの詳しい問い合わせは、各商工会へ。

2月20日20時00分 570

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved