ニュース » 記事詳細
パワーコメリ館山店に入る=館山

館山

C南ルート「右回り」 客のニーズつかんだ?

対面通行から中央分離帯が出る辺りで、左右に店舗が出てくる。いわゆるロードサイド店である。「下真倉」交差点を過ぎると、左に大型店舗。ここにバスが入る。駐車場内に仮スペースのバス停がある。「コメリパワー館山店」バス停だ。ここでコミセンから乗った男性客が降りる。

「(10時)23分の発車です。少々お待ちください」のアナウンス。やがてドアが閉まり、バスは県道側に出て、「下真倉」交差点を右折。今来た410号バイパスを戻っていく。

「下真倉北」交差点を左折し、都市計画道路へ。曲がってすぐ、立ち寄るのが温泉施設「里見の湯」だ。駐車場内に臨時バス停がある。名称は施設名と同じだ。ここでもドアが開くが、この便の乗客はいなかった。

都市計画道路に出て、「尾張屋館山本店前」バス停を通過し、「五霊山下」丁字路に。ここで赤信号につかまるが、国道410号方面から同じ色のバスがやって来る。これが「渚の駅先回り(左回り)」のバスだ。ドライバー同士が手を挙げてすれ違う。

410号へ右折すると、「相生橋」バス停、「館山病院前」バス停、「下町」バス停と続く。いずれも乗降客はいなかったが、平日の時間帯によっては、病院利用者もいるだろう。

「下町」交差点を直進し、「新井」バス停を通過。JRバス洲崎線も使う、「おどや館山海岸店」バス停は客がおらず、通過した。

「渚の駅たてやま」前の丁字路に突き当たる。右にファミリーレストランを見て、正面には夕日桟橋が延びる。

ここを左折すると、やがて渚の駅に入る。駐車場の中に、「渚の駅たてやま」バス停がある。ここでも時間調整での停車時間があった。

施設北側の出口から出て、海岸通りを北上する。右手に館山総合高校水産校舎を見て、汐入川を越える。

「北条海岸」交差点を右折し、「渚銀座入口」バス停を通過。JR内房線「汽船場海岸通り踏切」を過ぎ、「北条」交差点(通称・千葉銀交差点)を左折する。いつもの見慣れた銀座通りに入る。「銀座通り商店街」バス停を通過し、「館山駅東口」十字路を左に折れ、正面に館山駅舎を見る。

東口にバス停があるが、乗降客はおらず、そのまま出発点に戻る。10時45分。南ルートも、定刻どおりの運行だった。

ドライバーに、北ルートと同じ質問をした。「どこのバス停の利用が多いですか」。「里見の湯とコミセン・元気な広場ですかね」。南ルートは大型店もスーパーマーケットもあるが、利用客は別のニーズをつかんでいるようだ。

次回は、総合的な提言を述べる。(つづく)

【写真説明】パワーコメリ館山店に入る=館山

【写真説明】 下真倉交差点からバイパスへ戻る=同

【写真説明】 同じ南ルートのバスとすれ違う=同

【写真説明】渚の駅たてやまへ入る=同

【写真説明】運転席を撮影=同

2月27日20時00分 732

各ページに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁じます。著作権は房日新聞社または情報提供者に属します。

Copyright (C) 2007 Bonichi. All Rights Reserved