南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 ニュース » 印刷専用ページ

タイトル:住宅地周辺の獣害対策 10日に講演会 館山
掲載日時:2017年12月05日(火曜日) 20時00分
アドレス:http://bonichi.com/News/item.php?iid=11941

浅田氏講師に招き

館山有害鳥獣対策協議会は10日午後1時半から、「くらしの害獣対策〜住宅地周辺のイノシシ、アライグマ、ハクビシンなどの害獣対策」をテーマにした講演会を、館山市コミュニティセンターで開催する。参加無料で、事前の申し込みは不要。

館山市内ではイノシシやアカゲザルによる農作物被害の増加の一方で、イノシシと車が衝突する事故やタヌキ、アライグマなどの住宅侵入被害、住宅地周辺でのイノシシ、サルの出没など市民に身近な場所での被害も起きているという。

こうした状況を受け、同協議会では、県内各地で有害鳥獣対策の指導にあたっている合同会社AMACの浅田正彦代表を講師に招き、生活全般に起こる害獣被害の対策についての講演会を開くことになった。

講師の浅田代表は「有害鳥獣対策の決め手は集落の絆の復活」と語っており、地域ぐるみの対策に向けて「ご近所とお誘い合わせて参加を」と呼び掛けている。

問い合わせは、館山市農水産課(0470―22―3397)まで。

元のページに戻る