南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 ニュース » 印刷専用ページ

タイトル:南房総に四季島がやってくる JRの豪華寝台列車 県内初お目見え
掲載日時:2017年12月28日(木曜日) 20時00分
アドレス:http://bonichi.com/News/item.php?iid=11982

元日に和田浦駅で停車する豪華寝台列車「トランスイート四季島」

和田浦駅で初日の出見る

JR東日本が今年5月から運行をスタートさせた豪華寝台列車「トランスイート四季島」が元日朝、初日の出を鑑賞する乗客らを乗せ、和田浦駅にやってくる。年末年始の特別コースで、県内を営業運行するのは初めて。駅構内への入場はできないが、駅の外からは見ることができるという。同駅には30分ほど停車する。

31日から元日にかけて1泊2日の年末年始コースを走る四季島。31日午前9時50分に上野駅を出発。熱海を経由し、横須賀で年越しを迎える。

翌1日の午前6時40分ごろ、和田浦駅に到着予定で、7時10分ごろには鹿島神宮に向けて出発する。

JRによると、四季島は安房鴨川駅を6時20分ごろ出発し、和田浦駅1番線ホーム(海側)に入る予定。

同駅では、館山駅長や南房総市のイメージキャラクター「みなたん」らによる出迎え、見送りセレモニーも開かれるという。

【写真説明】元日に和田浦駅で停車する豪華寝台列車「トランスイート四季島」

元のページに戻る