南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 ニュース » 印刷専用ページ

タイトル:館山 開所時間を30分延長 学童クラブ 4月から午後6時半まで
掲載日時:2018年01月09日(火曜日) 20時00分
アドレス:http://bonichi.com/News/item.php?iid=11998

館山市は、市内公設学童クラブの開所時間を夕方30分間延長する。現在の午後6時では仕事終わりの迎えに慌ただしさを感じる保護者も多いため、時間を延ばす。延長分の追加料金は必要。実施は4月から。公設学童で6時半まで預かるのは安房地域では初めてだという。

フルタイムで働く保護者などにとっては、仕事終わりに午後6時までに迎えに行くのは慌ただしく、中には遅れる人もおり、学童を利用する保護者の約4割が延長を求めていた。

こうした要望を受け、市では仕事と子育ての両立できる環境整備に向けて延長することにした。すでに12月議会に関連条例の改正案を提案し、承認された。

延長利用は事前申し込み制で、利用料は15分延長の場合は月額1000円、30分延長の場合は同2000円。申し込みをせずに延長を利用した場合は15分で100円となる。

市は、平成27年に市内7学童クラブを公設化。1月1日現在の利用者は319人(定員は340人)。共働き世帯の増加でニーズが高まっており、今年4月からは定員を15人増の355人(北条で10人、館野で5人増)とし、受け入れ体制を充実させる。

元のページに戻る