南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 ニュース » 印刷専用ページ

タイトル:統合小の校章図案を募集 来春開校の 天津小湊小
掲載日時:2018年07月11日(水曜日) 20時00分
アドレス:http://bonichi.com/News/item.php?iid=12327

鴨川教委で16日から受け付け

鴨川市教育委員会は、天津小学校と小湊小学校を統合して来年4月に開校する「天津小湊小学校」の校章デザインを募集する。期間は16日から8月31日までで、同市教委学校教育課で受け付ける。

新たに開校する天津小湊小学校をイメージした未発表の図案で、他のマークや商標などと類似しないデザインを募集する。市民に加え、天津小湊地区に愛着のある人であれば、市民以外でも応募可能にしている。

応募方法は、市役所本庁総合窓口、天津小湊支所2階の学校教育課、ふれあいセンター、吉尾・江見・小湊の各出張所にある応募用紙(市のホームページからのダウンロードも可能)に、デザイン画と説明(込めた思いなど)を記載し、学校教育課に持参、郵送する。

作品は、天津小湊地区小学校統合準備委員会で選定し、最優秀作品を校章図案として採用する(作品に修正を加える場合もあり)。最優秀をはじめ、優秀作品5人以内を表彰する。

同市教委では「地域の特性を生かし、新学校にふさわしい作品をお願いしたい」と話している。

児童数の減少に伴い来年度に小湊小に複式学級が生じることが見込まれることを受け、現在の天津小の校舎などを利用し、両小を統合した新しい小学校として来春から開校する。統合小の児童数は177人の見込み。

校名については、学区内や地区に愛着のある人たちからの公募により天津小湊小学校となり、6月定例議会で正式に決定している。

問い合わせは、同市教育委員会学校教育課(04―7094―0512)へ。

元のページに戻る