南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 ニュース » 印刷専用ページ

タイトル:白浜亀田線は廃止へ 16日ダイヤ改正 館山日東バス
掲載日時:2019年03月11日(月曜日) 20時00分
アドレス:http://bonichi.com/News/item.php?iid=12738

白浜千倉・館山千倉線は一本化

館山日東バスは16日のダイヤ改正で、南房総市の安房白浜駅と鴨川市の亀田総合病院をつなぐ「白浜亀田線」を廃止する。また、「白浜千倉線」(安房白浜駅―千倉駅)と「館山千倉線」(館山駅―平舘車庫)を統合し、「白浜千倉館山線」として安房白浜駅から館山駅までの直通便も設ける。

白浜亀田線は、日曜日を除く1日2往復を運行しているが、乗客が少なく、経営を圧迫しているため、15日で運転を終了することになった。

同社では当初、同路線だけでなく、同じく不採算路線だった白浜千倉線についても廃止を決めていたが、白浜千倉線は南房総市の補助を受け、すでに館山、南房総市の補助を受けて運行する館山千倉線と一本化する形で運行を継続することになった。

「白浜千倉館山線」は、安房白浜駅―千倉駅―館山駅間で運行。安房白浜駅―千倉駅間は1日11往復で、そのうち5往復は館山駅まで運行する。

同路線では、南房総市千倉地区のスーパーやドラッグストアなど海岸エリアの商業施設を回るルートを新設。

朝、夕の時間帯の便を設けて通勤、通院、通学の利便性を高める。また、全便がJR千倉駅に乗り入れるようになり、亀田病院への通院などを考慮し、安房鴨川方面への列車に合わせたダイヤ編成としている。

元のページに戻る