南房総安房地域の日刊紙 房日新聞 ニュース » 印刷専用ページ

タイトル:被災の支援活動共有へ 鴨川 里山オフィスで報告集会
掲載日時:2019年11月06日(水曜日) 20時00分
アドレス:http://bonichi.com/News/item.php?iid=13159

11月9日

相次ぐ台風、豪雨に見舞われ被災した県南部で展開された支援活動の共有を図ろうという「台風15号被害への取り組み・報告集会」が9日、鴨川市金束の里山オフィス(旧大山小学校)にある千葉南部災害支援センターで開かれる。無料で、参加を呼び掛けている。

台風15号の被災から2か月間を経過する中、支援に関わっている団体や個人の取り組み発表から、被災地の状況や必要とされる支援を把握し、今後の活動について、地域で共有しようという。

当日は、午後7時から9時まで、9団体が発表する。問い合わせは、千葉南部災害支援センター(080―4186―6956)へ。

発表団体は次のとおり。

ADRA JAPAN(鋸南町災害ボランティアセンター)、NPO法人おせっ会、鴨川市災害ボランティアセンター、きさらづみらいラボ(木更津市市民活動支援センター)、高徳院、BIGUP大阪、NPO法人ちば市民活動・市民事業サポートクラブ、富津市災害ボランティアセンター、大房岬自然の家(NPO法人千葉自然学校)

元のページに戻る