ニュース

民話ゆかりの地に看板 南房総 外房地区16か所に設置

2021年06月04日 03時00分

南房総市は、市内各地に伝わる民話や昔話を、身近な「世間遺産(せけんいさん)」として広く市民に知ってもらおうと、それぞれのゆかりの地に紹介する看板の設置を始めた。〝第1弾〟として外房地区の16か所に設置、今後第2弾として内房地区の11か所にも設置する予定になっている。数多く語り継がれている民話について知ることで、郷土を愛するきっかけにしてもらおうという。 同市の元教育委員長で市の広報「みなみぼうそう」に民話を執筆、掲載している他、さらにそれらをまとめた冊子も発刊している生稲謹爾氏が、民話の選定や監修に協力した。 看板は現在、外房地区の16か所に設置されている。それぞれ〝ゆかりの地〟となる神社や寺院を中心に青年館、コミュニティセンターなどに立てた。 市では今後、内房地区の11か所への設置を計画している他、看板を起点にゆかりの地を巡るウオーキング等のイベントを開催し、伝承資源としての活用を進めていきたいとしている。 外房地区に設置された民話のタイトルと設置場所は次のとおり。 【和田地区】 ▽子の権現(諏訪神社)▽西福院薬師(西福院) 【丸山地区】 ▽皆倉堰の大鰻(珠師ケ谷憩いの広場愛林センター)▽栗御飯(子育て支援センター)▽安馬谷の地名(安馬谷青年館) 【千倉地区】 ▽下立松原神社の頼朝伝説(下立松原神社)▽名戸川原の奇石(天神社)▽能蔵院の天狗(能蔵院)▽忽戸の薬師堂(薬師堂)▽蛇岩(高皇産霊神社)▽鰯と蟹(高塚不動尊)▽手長婆(白間津花のパーキング) 【白浜地区】 ▽浅間神社の稚児参り(塩浦浅間神社)▽白浜の頼朝伝説(下立松原神社)▽白浜の海女(野島崎公園ステージ裏)▽ダコタ号の遭難(白浜コミュニティセンター) 【写真説明】能蔵院に設置された「能蔵院の天狗」の看板=南房総

Ads