ニュース

「御縁市」で関連行事に 真野寺と那古寺が縁結ぶ

2021年06月10日 03時00分
「御縁市」のチラシ

館山市の那古寺で開かれる「観音市」(毎月18日)と、南房総市の真野寺の「開運マルシェ」(毎月6日)が今月から「御縁市」という総称で関連行事となった。チラシも1000部作成し、各寺や最寄りの商店で配布している。真野寺では、毎月6日の真野大黒天祭の縁日に合わせて、開運マルシェを令和元年6月から開催(2月除く)。那古寺では、今年4月から18日の観音縁日に観音市が始まった。毎回店舗数や出店の種類は変わるが、軽食や雑貨など5~10店舗が境内や駐車場に並ぶ。

真言宗寺院の2寺で、真言宗総本山の東寺(京都)では、歴史ある「弘法市」が毎月開かれていることも念頭に、「ご縁を結ぶ」をテーマとして「御縁市」と名付けた。

那古寺では午前10時から、真野寺では午前11時と午後1時半から護摩祈祷が行われる。

時間は午前9時~午後3時まで。コロナ禍で感染症対策を取って開催。詳しくは、那古寺(0470―27―2444)と、真野寺(0470―46―2590)へ。

Ads