ニュース

ファミリーパーク跡地はオートキャンプ場に 7月22日にプレオープン 館山

2021年06月26日 03時00分

今年5月に閉園した館山市の観光施設「館山ファミリーパーク」の跡地が、オートキャンプ場となることが決まった。運営するのは「株式会社Recamp」(本社・東京都目黒区、丹埜倫代表取締役)で、7月22日にプレオープンするという。同社は、鋸南町の宿泊施設「サンセットブリーズ保田」などを運営する「R.project」の子会社で、6道府県の12か所でキャンプ場の企画・運営を手掛けている。

ファミリーパークは、コロナ禍で来園者が大幅に減少したことなどを受け、今年5月に閉園。同社では、平砂浦海岸に近い立地などに魅力を感じ、キャンプ場としてリニューアルすることになった。ファミリーパークの従業員の多くを雇用継続するという。

本格オープンは来年3月予定。「RECAMP館山」として、「花に囲まれたビーチフロントキャンプ」をコンセプトに、ファミリーパークの面影を残しつつ、体験プログラムなども楽しめるキャンプ場として整備するという。区画数は100区画以上を見込む。

本格運営に先駆け7月22日には、最小限の場内整備をして「館山ファミリーパークキャンプ場byRECAMP」としてプレオープンする予定だという。

同社の担当者は「ファミリーパークの雰囲気を残しつつキャンプ場として生まれ変わった施設に、ぜひ地元の方にもお越しいただき、普段とはまた違う地元の魅力を楽しんでもらいたい。地域の食材や体験なども提供し、館山の魅力を広く発信していきたい」と話している。

Ads