ニュース

館山らしい新商品を 農水産物 加工品開発 最大50万円を補助

2021年06月29日 03時00分

館山市は、市内産の農水産物を使った加工品開発を支援する補助制度を創設した。新型コロナウイルスで影響を受ける地域経済への支援策で、開発にかかる費用を最大50万円補助する。募集は来月1日からで、市では「館山らしい魅力的な新商品を」と利用を呼び掛けている。


経済対策とともに、食の魅力で地域活性化を図ろうと、市が進めている食のまちづくりにもつなげていこうという取り組みで、300万円を予算化している。


対象となるのは、館山市産の農水産物を加工した加工品の開発と、既存の加工品の改良などで付加価値を高めようという取り組み。市内に住所、拠点のある個人、団体、法人が対象となる。


開発や改良に当たっての、原材料費や消耗品費、備品購入費、委託費などが対象経費となる。補助率は100%で、1件当たり上限は50万円。


市の担当者は「補助金の活用で、館山が誇る豊かな農水産物が多くの人の目に留まるきっかけとなるような、魅力ある新商品をつくってほしい」と期待を寄せている。


募集期間は8月2日まで。書類審査し、審査結果、交付決定は8月下旬を予定している。申し込みは、食のまちづくり推進課で、詳細は市のホームページで。


問い合わせは、市食のまちづくり推進課(0470―29―5385)へ。

Ads