ニュース

鴨川タクシーが飲酒運転根絶宣言

2021年07月23日 03時00分
八街市で小学生の列に飲酒運転のトラックが突っ込み、児童5人が死傷した事故を受け、鴨川市の有限会社鴨川タクシー(本多信介社長)の運転手ら約10人が20日、飲酒運転根絶宣言を行った。

運転手や事務職員などが、同所の駐車場に集合し、鴨川署の相内周時署長の前で、宣言文を読み上げた。▽飲酒運転を絶対にしない▽飲酒運転を行うおそれのある人に車両や酒類を提供しない▽飲酒運転の車に乗らない▽発見したら速やかに通報する――などを唱和し「社会から飲酒運転が根絶されるよう、この取り組みを継続する」と誓った。

本多社長は「八街での悲惨な事故を見て、企業として何か取り組みをするべきだと思った。他の企業も宣言などの防止策に取り組み、飲酒運転の事故がなくなってほしい」と思いを語った。

鴨川市内では今年6月末までに、飲酒運転の検挙が6件あった。


【写真説明】飲酒運転根絶を宣言する運転手ら=鴨川

Ads