ニュース

試住イベントの参加者募る 南房総

2021年08月18日 03時00分
南房総市は、市内への移住希望者たちを対象にした“試住イベント”「南房総市トライアルステイ」を行う。実際に2~5泊で市内での生活を実体験してもらう。2月中旬までが期間となっているが、緊急事態宣言の解除後からの受け入れ開始となる。チラシも作成し、参加者を募っている。

市の総合戦略に掲げている移住を推進しようと、続けている取り組み。昨年は18組46人が参加し、このうち、2組9人が移住予定だという。

お試しで生活してもらう住居は、「街中タイプ」として岩井地区にある一軒家、「海近タイプ」として原岡海岸に面した一軒家、「里山タイプ」として三芳地区にある築300年の古民家--の3つのタイプが用意されている。

対象は、同市への移住を真剣に考えている人。お試し生活の期間は2泊3日から5泊6日までで、2月中旬までの予定になっている。

参加は無料。交通費や食費など生活に掛かる費用は自己負担。寝具はレンタルもある。

また、イベント開催に合わせてチラシ(B6サイズ、カラー刷り)を1500部作成。東京・新宿にあるシェアオフィス「HAPON新宿」や、有楽町のふるさと回帰支援センターの他、海ほたるパーキングエリア、木更津市のアウトレットモールなどで配布している。

担当の市企画財政課では「実際に南房総市に来て、生活してもらい、移住につなげていきたい」と話している。

詳しい問い合わせは、南房総市企画財政課(0470-33-1001)へ。

【写真説明】トライアルステイのチラシ

Ads