ニュース

令和2年度のふるさと納税寄付額3億882万円に 館山

2021年08月25日 03時00分
館山市は、令和2年度のふるさと納税の実績をまとめた。寄付件数は9860件(前年度比50・5%減)、寄付金額は3億882万円(同87・6%減)で、前年度に台風の復興支援の寄付や前沢友作氏による高額寄付があった反動で、いずれも大幅に減少。前々年度との比較では増加しているという。

前年度は台風の復興支援だけで5733件、1億5693万円の寄付があり、さらに前沢氏からの20億円の寄付があったことが大きく影響し、2年度は寄付件数は半減、金額ベースでは9割近い減少となった。

前々年度の数字を見ると、寄付件数8559件、金額2億4135万円で、同年度との比較ではやや増加する結果となった。

返礼品で人気を集めたのは、フカヒレや干物などの水産加工品、ソーセージ、コメなどの食品が多く、コロナ禍で宿泊や体験は落ち込んだという。

市では、寄付件数の増加や返礼品による館山の魅力発信に向けて、今年度新たに企画課内にふるさと納税推進室を設置。ふるさと納税の掲載サイトの増加や、新しい返礼品メニューの発掘などに力を入れている。

Ads