ニュース

10月からJR内・外房線などでラッピングトレイン運行

2021年09月17日 03時00分

コロナ禍でも安心・安全に鉄道を利用してもらい、千葉県の魅力を発信していこうと企画。安房エリアではラッピングトレインの運行をはじめ、さまざまなイベントが用意されている。

ラッピングトレインの車両は209系の4両編成で、チーバくんをはじめとする県内の一部自治体の公式キャラクターなどがカラフルにデザインされ、「ようこそ房総へ」のキャッチフレーズとともに車体をラッピングしている。安房エリアからは鴨川市の「たいよう君」が登場し、ラッピングトレインを盛り上げている。

運行は、10月1日から来年3月下旬までを予定し、区間は、総武本線(千葉~銚子間)、成田線(千葉~成田空港間)・(成田~銚子間)、内房線(千葉~安房鴨川間)、外房線(千葉~安房鴨川間)で運行される。期間中、運行しない日や区間がある。

ラッピングトレインの他、日帰り旅や、季節に応じた地域の魅力を楽しめる駅からハイキング、南房総エリアを舞台とした謎解き×宝探しなど、多くのイベント、旅行商品が企画されている。

詳細は、同千葉支社の各SNSで発信していく予定だという。

【写真説明】(1)ラッピングトレイン=JR東日本千葉支社提供
【写真説明】(2)デザインされた県内のキャラクター=同

Ads