ニュース

交通安全運動期間中の事故まとめ 館山・鴨川署

2021年10月08日 03時00分
館山・鴨川署は、秋の全国交通安全運動期間中(9月21~30日)の交通事故の発生状況をまとめた。両署合わせて物件事故99件(前年同期比4件増)、人身事故8件(同増減なし)、負傷者7人(同1人減)、死亡事故1件(同1件増)だった。交通指導取り締まりでは186件(同60件減)を検挙した。

館山署管内は、物件事故59件(同9件減)人身事故8件(同1件増)負傷者7人(同増減なし)死亡事故1件(同1件増)だった。交通指導取り締まりでは142件(同44件減)を検挙した。

鴨川署管内では、物件事故40件(同13件増)人身事故0件(同1件減)負傷者0人(同1人減)死亡事故は0件。取り締まりでは44件(同16件減)を検挙した。

期間中の交通指導取り締まり件数の減少について両署の交通課では「飲酒運転などの悪質性の高い違反に重点を置いて取り締まりを行ったところ、遵法意識が向上し交通マナーが良くなった」と推察している。

Ads