ニュース

男女共同参画社会の推進へコーラル会議 館山

2021年10月12日 03時00分
会議に出席した委員ら=館山

館山市コーラル会議(市男女共同参画推進会議)の今年度第1回会議が6日、同市役所であった。今年度、新たに委嘱を受けた委員が顔を合わせ、市の男女共同参画推進プランの取り組み状況などについて議論した他、活発に意見交換をした。

男女共同参画社会推進に向けた市長の付属機関。今年度から2年間の第12期委員は、有識者や公募で選ばれた12人。会長には羽山敏雄氏を選出した。

会議では、第4期市男女共同参画推進プランの令和2年度の取り組み結果、市の審議会などの女性委員割合(4月1日現在で28・27%)について質問、議論した他、男女共同参画の推進について意見交換。

委員からは「そろそろパートナーシップについて検討する時期ではないか」「委員が新しくなったので、以前行ったLGBTについての勉強会、講演会をまたやったら良いと思う」など活発な意見が上がっていた。

同市のコーラル会議という名称は、サンゴ(コーラル)が雌雄同体という生態から、男女が互いに信頼と協力によって幸せな市民生活が送れるよう願いを込めて名付けられている。

今期の委員は次のとおり。=敬称略

青木鉄弘、石井敏宏、石渡秀嗣、井田友海、栗原史帆、庄司友之、鈴木ひとみ、西村勝利、羽山敏雄、室厚美、盛島岳、吉田育世

Ads